知り合いの女性が、「宅配業者を装ってインターホンを鳴らされ出た瞬間に、男から…

知り合いの女性が、「宅配業者を装ってインターホンを鳴らされ出た瞬間に、男から髪の毛を掴まれ壁にうち当てられた後に乱暴され、その様子を撮影され一人に送信される」という被害に遭いました。 その送信された先が私です。 犯人は顔見知りの犯行とのことです。 犯人を処罰するために私も協力するつもりで、色々調べている最中です。 今後、犯人をなるべく厳罰に処すためにすべきポイントなどを教えて下さい。 ①まず、上記の場合ですと ・住居侵入罪 ・強制性行罪 が該当しこの二件の罪は牽連犯になるというポイントは抑えました。 しかし「牽連犯」の「最も重い刑により処断する」の意味が完全にはわかりません。 「暴行の目的のために、住居に侵入した」本件の場合では、量刑をどう解釈したらよいでしょうか。 ②「髪を掴まれ壁に打ち付けられた」という、力による“暴行罪”は、上記二件の罪とは別に独立した“暴行罪”にはならず、あくまで“強制性行罪”の要件を満たすのみと考えられるのでしょうか? 病院に行き、頭の怪我の診断書を取っておくべきかどうかを考えています。 ③結論的に、本件で逮捕された犯人は、どのような量刑が望めると思いますか? ちなみに、真偽はわかりませんが、何年前かも、罪状もわかりませんが、わかる情報からするとおそらく犯人には一度前科があると思われます。 また、あまり本意ではありませんが、顔見知りの犯行ということではありますので、この先の話し合いの中で本人の心情次第では「示談」になる可能性も否めません。 「示談」になった場合、どれくらいが望めるのでしょうか。犯人は示談金を“分割”で払う約束も可能なのでしょうか。 そんなことをした犯人と、支払いの関係だとしてもダラダラと関係を続けさせる気はありませんので。 ④「携帯で撮影し、他人に送信する」という行為自体は、何かの罪に問えますか? ⑤やはりそういった行動を起こす犯人のため、さらなる“逆恨み”を心配しているようです。しかし逆恨みなどを恐れて泣き寝入りしては、何のための警察、法律なのかわかりません。毅然とした対応をするつもりです。 しかし被害者の心境になれば、その気持ちもわかります。 こういった被害に遭われたことのある被害者達は、どうやったら処罰した犯人からの逆恨みを心配することなく過ごせるのでしょうか…
ナイトライフ


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする